ニフティクラウド Infomation

このページではニフティクラウドのトラブル・メンテナンス情報をお知らせしていきます。

重要なお知らせ

2017年4月7日 14:32
サービス一時停止を実施しておりました、DR サービス with VMware vCloud® Air™ Technologyのeast-14のご利用について、上記時間にメンテナンスが完了いたしましたので、サービスを再開させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。

2017年4月7日15時19分 追記
---------------------------------------------------

平素はニフティクラウドをご利用いただき、誠にありがとうございます。
ニフティクラウドの以下ゾーンにおきまして、DR サービス with VMware vCloud® Air™ Technologyのご利用を一時的に停止いたします。

■対象ゾーン
east-14

■対象期間
2017年3月16日(木) 10:00 ~ 2017年4月中旬予定

■対象操作
DR サービス with VMware vCloud® Air™ Technologyについて、ニフティクラウドコントロールパネルから以下の作業が実施できません。
・east-14ゾーンの選択
・east-14ゾーンにおける、組織の作成・削除
・east-14ゾーンにおける、組織VDCの作成および削除
・east-14ゾーンにおける、レプリケーションの基本操作、リカバリに関する全操作

■詳細
DR サービス with VMware vCloud® Air™ Technologyのメンテナンス実施に伴い、一時的に対象ゾーンの新規申し込み及び各種操作を停止させていただきます。
2017年4月中旬のサービス再開を目標としております。再開時にはニフティクラウドInformationにてご連絡させていただきます。
なお、他のゾーンにつきましては停止の予定はございません。

お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。
投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2017年4月 7日(金) | 固定リンク
2017年3月24日(金)

重要なお知らせeast-11ゾーンの一部操作・機能制限について

ニフティクラウド機能エンハンスのため、east-11ゾーンにおいて以下の期間中コントロールパネルの一部操作と機能がご利用いただけない場合がございます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【 期間 】
2017年4月3日 9:00 ~ 2017年4月7日 23:59

【 影響範囲 】
east-11ゾーン

【 影響内容 】
以下のコントロールパネル操作がご利用いただけない場合がございます。該当の操作を実施希望の場合は、ニフティクラウドトラブル窓口までお問い合わせください。弊社にて一時的にお客様操作が可能な状態に変更いたします。
 ・サーバー削除
 ・グローバルIP追加/削除
 ・付替IP設定/削除
 ・解約処理(サービス解除)
 ・サーバーコピー
 ・サーバーのイメージ化
 ・パブリックイメージからのサーバー作成
 ・プライベートイメージからのサーバー作成

以下の機能につきましてはコントロールパネルからの操作は可能ですが、機能がご利用いただけません。何卒ご了承ください。
 ・オートスケール機能

【 本件についてのお問い合わせ・操作希望のご連絡はこちら 】
ニフティクラウド お問い合わせ(トラブルなど)
投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2017年3月24日(金) | 固定リンク
記載が不十分でしたので以下の★部分を追記いたしました。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

【追記箇所】
  また、今回の切り替えに伴い、対象ゾーンにおいてコンソール接続時に必要であったプラグイン及びアプリケーションのインストールは不要になりました 。★

----------
ニフティクラウドサービス強化に伴うシステム切り替えのため、east-11,12ゾーンのコンソール機能の一部を一時停止とさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

■対象機能
ニフティクラウド コンソール機能のうち、ISOイメージのマウント操作
 ※コンソール機能そのものは引き続きご利用いただけます。
  また、今回の切り替えに伴い、対象ゾーンにおいてコンソール接続時に必要であったプラグイン及びアプリケーションのインストールは不要になりました。 ★

■対象ゾーン
 east-11
 east-12

■上記機能の一時停止時期
2017/1/28 18:00(予定)~
提供再開の日時は、決定次第改めてお知らせいたします。

ISOイメージのマウントが必要な場合は、対象のサーバー内部にISOイメージを転送し、ゲストOS内部でマウントを実施してください。
FAQにて各OSごとの対応手順をまとめておりますので、こちらもご確認ください。

投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2017年2月15日(水) | 固定リンク
2017年2月15日(水)

重要なお知らせVMware Toolsバージョンアップのご案内について

平素はニフティクラウドをご利用いただき、誠にありがとうございます。
ニフティクラウドでは、サービス拡充・信頼性向上を目的としてクラウド基盤のバージョンアップを実施しております。
2017年3月15日以降、最新のクラウド基盤の稼働を開始し、お客様サーバーが稼働するクラウド基盤が順次最新化されていきます。

これに伴い、古いVMware Toolsをご利用のお客様を対象にコントロールパネルの表示および特定の機能が正常に動作しない可能性がございます。なお、お客様サーバーの稼動そのものへの影響はございません。
お手数ではございますが、以下の案内に沿ってご対応をいただきたく、ご協力をお願い申し上げます。

●対象
VMware Toolsのバージョンが8.6未満のサーバーをご利用中のお客様

●影響内容
1)コントロールパネルの表示について
 ・コントロールパネルからみたサーバーの状態が「異常あり」と表示されます。
  ※実際はサーバーの稼働は正常で、正しい情報が表示されなくなります。
 ・基本監視機能をご利用時、誤って「ping異常あり」が検知されます。
  ※実際はサーバーのping応答は正常で、誤検知となります。

2)コントロールパネル・APIからの操作について
 ・サーバーコピー機能が失敗する可能性があります。
 ・イメージからのサーバー作成が失敗する可能性があります。
 ・VMインポートが失敗する可能性があります。

●対処方法
以下の手順に沿って、お客様サーバーに同梱されているVMware Toolsのバージョンアップをお願いいたします。なお、本作業においてサーバーの再起動は必須ではございません。

●ご注意事項
本作業を行う場合には、途中で中断されないよう、作業時間を十分に確保して実施いただくようお願いいたします。
また、作業前にはバックアップ(ワンデイスナップショットなどのご利用)を行うことをお勧めいたします。

お客様にはお手数をおかけいたしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。
投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2017年2月15日(水) | 固定リンク
2017年1月 1日(日)

重要なお知らせ【再掲】2017年1月1日のうるう秒対応につきまして

うるう秒経過後のニフティクラウドのインフラ基盤動作状況につきまして、問題がないことを確認いたしました。
本年もニフティクラウドをよろしくお願いいたします。

2017年1月1日11時10分 追記
---------------------------------------------------

2017年1月1日に実施されるうるう秒の調整につきまして、確認方法を改めてご連絡させていただきます。
なお、うるう秒経過後のニフティクラウドのインフラ基盤動作状況につきましては、本記事よりご案内を予定しております。

2016年12月1日19時15分 追記
---------------------------------------------------

2017年1月1日に実施されるうるう秒の調整につきまして、ニフティクラウドの対応方針をご案内いたします。  

ニフティクラウドでご提供しているサーバーの初期設定では、VMware Toolsを用いてニフティクラウドの仮想化基盤を構成する物理ホストサーバーと時刻を同期しております。

上記物理ホストサーバーは2017年1月1日(日) 8時59分59秒の後、「8時59分60秒」は刻みません。9時0分0秒以降、徐々に日本標準時と同期をいたします。


【 お客様対応について 】

1.OS作成時からサーバーの時刻同期設定を変更していない場合

「60秒」は刻まず、生じた1秒の誤差はミリ秒単位で徐々に解消いたします。

2.お客様で外部NTPサーバーを参照している場合

お客様サーバーの環境や導入されているソフトウェアにより対応が異なります。

2-1.Windows系OSにて稼働しているサーバーの場合

うるう秒に関する影響はございません。

Microsoft社にうるう秒に関するサポートページが掲載されておりますので、こちらをご覧ください。

2-2.Linux系OS(RHEL,CentOS,Ubuntu)にて稼働しているサーバーの場合

以下の条件の場合、うるう秒の「8時59分60秒」が発生し、対策を行っていただく場合がございます。
  • OSやソフトウェアの参照先外部NTPサーバーがうるう秒を刻む設定かつ、
    OSにうるう秒対策用のHotfixを適用していない場合

対応策としていずれかを実施してください。

  • OSにうるう秒対策Hotfixを適用し、NTPデーモンにてSLEWモードで外部NTPサーバーから時刻を同期する、またはうるう秒を刻まない外部NTPサーバーから時刻を同期する。
  • NTPデーモンでの時刻同期を無効化し、VMware Toolsを使って上記物理ホストサーバーと時刻同期を行う。
  • ※VMware Toolsの再起動やサーバー自体の再起動を行うと強制的にVMware Toolsを使って上記物理ホストサーバーと時刻同期を行います。
  • ※ワンデイスナップショットの作成やリストア時もVMware Toolsを使って上記物理ホストサーバーと時刻同期を行います。

うるう秒の対応について詳しくは以下のPDF資料をご覧ください。

対応についてご不明点がございましたら、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2017年1月 1日(日) | 固定リンク
2016年10月14日(金)

重要なお知らせISC BINDの脆弱性(CVE-2016-2776)について【追記あり】

ISC BINDの脆弱性(CVE-2016-2776)につきまして、追記がございます。 ニフティクラウドの以下の対象OSをご利用のお客様につきましてはバージョンのご確認をお願いいたします。

■影響を受けるシステム
 ・BIND 9.0.0 から 9.8 系まで
 ・BIND 9.9.0 から 9.9.9-P2 まで
 ・BIND 9.9.3-S1 から 9.9.9-S3 まで
 ・BIND 9.10.0 から 9.10.4-P2 まで
 ・BIND 9.11.0a1 から 9.11.0rc1 まで

■対象OS(ニフティクラウドで提供しているOS)
 ・CentOS 7.1
 ・Red Hat Enterprise Linux 7.1
 ・CentOS 6.7
 ・Red Hat Enterprise Linux 6.7
 ・CentOS 6.6
 ・Red Hat Enterprise Linux 6.6
 ・CentOS 6.3
 ・CentOS 5.11
 ・Red Hat Enterprise Linux 5.11
 ・Ubuntu16.04
 ・Ubuntu14.04
 ・Ubuntu12.04

■対策
 BINDを最新版へアップデートしてください。
 具体的な対策済みバージョンについては、以下の情報をご確認ください。
 ・Red Hat Enterprise Linux 7の場合
 ・Red Hat Enterprise Linux 6の場合
 ・Red Hat Enterprise Linux 5の場合
 ・CentOS 7の場合
  ※RedHatのページをご覧ください。
 ・CentOS 6の場合
  ※RedHatのページをご覧ください。
 ・CentOS 5の場合
  ※RedHatのページをご覧ください。
 ・Ubuntu 16.04の場合
 ・Ubuntu 14.04の場合
 ・Ubuntu 12.04の場合

2016年10月14日14時45分 追記
---------------------------------------------------

このたび、ISC 社よりISC BINDの脆弱性(CVE-2016-2776)が公表されました。
必要に応じて最新版へのアップデートをお願いいたします。

■影響を受けるサービス
お客様でISC BINDをご利用中のサーバー

■参考情報
JVNVU#90255292 ISC BIND 9 にサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2016年10月14日(金) | 固定リンク
2016年10月 7日(金)

重要なお知らせOpenSSL の脆弱性 (CVE-2016-6309) について

このたび、OpenSSL ProjectよりOpenSSLの脆弱性が公表されました。
ニフティクラウドのスタンダードイメージに該当のバージョンはございませんが、お客様にて以下バージョンを適用している場合は脆弱性を修正したバージョンの適用をお願いいたします。

■影響を受けるバージョン
OpenSSL 1.1.0a

■参考情報
OpenSSL の脆弱性 (CVE-2016-6309) に関する注意喚起
投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2016年10月 7日(金) | 固定リンク

ニフティクラウドの以下ゾーンにおいて、ファイアウォールルール変更時における更新遅延を確認しております。
ご利用いただいているお客様におかれましては、ファイアウォールルール更新に3分程度時間がかかる場合がある点についてご留意いただきますようお願いいたします。

■確認しているゾーン
 ・east-13ゾーン
 ・east-14ゾーン

■確認している事象
お客様がコントロールパネルおよびAPIよりファイアウォールルールを変更後、該当サーバーのファイアウォールルールが更新されるまでは、通常、数秒~1分程度以内に完了いたしますが、該当環境におきましては操作内容やタイミングによって、更新までに3分程度時間がかかってしまう事象(更新遅延)を確認しております。


  • ※当該事象発生時におきましても、ファイアウォールの動作自体は問題無い(ルール通りフィルタされる)事を確認しております。
  • ※当該事象発生時におきまして、コントロールパネルおよびAPIにて、ファイアウォールステータスが「適用済み」と表示しているにかかわらず、当該サーバーのファイアウォールルール更新が遅延して完了する事象を確認しております。

現在、事象解消に向けて対応を行っておりますが、それまでの間、上記事象をご認識いただきますようお願いいたします。
本事象につきまして、お客様にはご迷惑をおかけし、まことに申し訳ございません。

投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2016年10月 5日(水) | 固定リンク
H-rootの設定変更が必要なサーバーの【 条件 】につきまして、2016年6月21日にCentOSとRed Hat Enterprise Linuxの新規バージョンがリリースされましたので更新のご連絡をいたします。
これ以降、ニフティクラウドの提供するOSはすべてh.root対応済みとなります。ご承知おきください。

2015年12月1日に、ルートサーバーの一つであるh.root-servers.net(H-Root)のIPアドレスが変更されております。
それに伴い、サーバー上のルートサーバー参照設定を変更いただく必要がございます。
 ◆h.root-servers.net(H-Root)のIPアドレス
  旧IPアドレス: 128.63.2.53
  新IPアドレス: 198.97.190.53
旧IPアドレスでのサービスにつきましては、2015年12月1日から移行後約6ヶ月程度は引き続きご利用いただけますが、最終的にはサービス終了となる告知が出ております。
 参考サイト:h.root-servers.net(H-Root)のIPアドレス変更に伴う設定変更について
 ※弊社サイトではないため、リンク切れの際はご容赦ください。

【 変更手順 】
該当となる場合は以下のFAQをご確認いただき、IPアドレスの変更設定をお客様ご自身で行ってください。
FAQ:h.root-servers.net(H-Root)のIPアドレス変更に伴う設定変更手順

【 条件(★が追加) 】
2016年4月13日以降に作成されたサーバーにつきましては、ルートサーバー参照設定が変更済みとなります。これより以前にサーバーを作成された場合はルートサーバー参照設定を変更いただく必要があります。
CentOS6.3につきましては、2016年5月27日以降に作成されたサーバーがルートサーバー参照設定変更済みとなります。
CentOS6.7とRed Hat Enterprise Linux 6.7につきましては、リリース時より対応済みとなります。
  
OS 参照設変更後のOSリリース日
CentOS5.11 64bit Plain 2016年4月13日
CentOS6.6 64bit Plain
CentOS7.1 64bit Plain
Ubunbu12.04 64bit Plain
Ubunbu14.04 64bit Plain
Red Hat Enterprise Linux 5.11 64bit
Red Hat Enterprise Linux 6.6 64bit
Red Hat Enterprise Linux 7.1 64bit
CentOS6.3 64bit Plain 2016年5月27日
CentOS6.7 64bit Plain★ 2016年6月21日
Red Hat Enterprise Linux 6.7(64bit)★
投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2016年6月22日(水) | 固定リンク
2016年3月 1日(火)

重要なお知らせIKEv1, IKEv2の脆弱性について

このたび、IPsec などで暗号鍵を交換するために利用される通信プロトコルである
Internet Key Exchange (IKEv1, IKEv2)について脆弱性が公表されました。
以下のサービスをご利用のお客様につきましては対策をお願いいたします。

■影響を受けるサービス
 ・VPNゲートウェイ
 ・お客様でIPSecをご利用中の仮想サーバー

■対策
 ファイアウォールにて、500/udp通信を限定する設定を実施してください。

■参考情報
JVNVU#91475438
Internet Key Exchange (IKEv1, IKEv2) が DoS 攻撃の踏み台として使用される問題
投稿者 ニフティクラウドスタッフ 2016年3月 1日(火) | 固定リンク