ニフクラ mobile backend information

このページではニフクラ mobile backendからのお知らせを掲載しています。

2015年11月の記事

ニフティクラウド mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。

11月26日に以下のSDKをアップデートしました。

・Unity SDK(v2.0.0リリース)
・Android SDK(v1.5.5リリース)

Unity SDKは今回のアップデートにより、
iOS と AndroidのSDKに依存しない形でのプッシュ通知機能の実装が可能となりました。
また、NCMBInstallationクラスを追加したことにより、
プッシュ通知の配信を行う端末にフィールドを追加し、
絞り込み配信の条件として設定できるようになりました。

詳細については以下のページをご覧ください。

NIFTYCloud-mbaas/ncmb_unity
(GitHubのリリースページに遷移します。)

Android SDKはSaveEventuallyメソッド実行時のエラーハンドリング処理を修正しました。

詳細については以下のページをご覧ください。
Android SDKのダウンロードページ

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、
鋭意改善してまいります。

引き続き、ニフティクラウド mobile backendをよろしくお願いいたします。
ニフティクラウド mobile backend をご利用いただき、ありがとうございます。

本日よりプッシュ通知機能のリニューアルを開始し、12月中旬完了を目途に
順次お客様へ適用させて頂きますのでお知らせいたします。

この度のリニューアルにより、以下の効果がございます。

■リニューアル効果
1.プッシュ通知配信速度の大幅向上(配信速度最大5倍程度に改善)
2.プッシュ通知配信エラーの細分化取得が可能に



●リニューアル後のエラー表示は以下の通りとなります。

・エラー表示形式について
01.png

(1) プッシュ送信処理結果数
プッシュ送信時にトータル何端末分の処理を行ったかを表示します。

(2) 送信結果別iOS端末数(システムステータス)
送信処理に対してプッシュシステムによるステータ スごとのiOS端末数です。

(3) 送信結果別iOS端末数(APNsステータス)
送信処理に対してAPNs(Apple Push Notification Service)から返却されたエラーコード別のiOS端末数です。

(4) 送信結果別Android端末数(システムステータス)
送信処理に対してプッシュシステムによるステータ スごとのAndroid端末数です。

(5) 送信結果別Android端末数(GCMステータス)
送信処理に対してGCM(Google Cloud Messaging)から返却されたエラーコード別のAndroid端末数です。

・エラーコード一覧について

APNsエラー詳細
20151119_プッシュ通知機能リニューアルについてのお知らせ_02

GCMエラー詳細
20151119_プッシュ通知機能リニューアルについてのお知らせ_03

※APNs、GCMステータスは予告なく変更されることがあります。
※このリニューアルについてお客様での対応は必要ありません。
※お客様への新機能適用は順不同で行います。
 また、適応完了についてのお知らせは個別には行いませんこと、ご了承ください。

今後も、より便利にニフティクラウド mobile backend をご利用いただくために、鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフティクラウド mobile backend をよろしくお願いいたします。

ニフティクラウド mobile backendをご利用いただき、ありがとうございます。

11月4日にJavaScript SDKをアップデートしました。

今回のアップデートにより、ncmb.min.jsを利用した際のSNS連携に関する不具合を修正しました。
詳細については以下のページをご覧ください。

JavaScript SDK
(GitHubのリリースページに遷移します。)

今後も、より便利にmobile backendを利用していただくために、
鋭意改善してまいります。

引き続き、ニフティクラウド mobile backendをよろしくお願いいたします。 
 « 2015年10月 2015年12月 » 

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ