ニフクラ mobile backend information

このページではニフクラ mobile backendからのお知らせを掲載しています。

ニフクラ mobile backend をご利用いただき、ありがとうございます。
12月11日に SDKをアップデートしました。
詳細については以下のページをご覧ください。

Android SDK
Monaca push plugin
(GitHub のリリースページに遷移します。)


今後も、より便利に mobile backend を利用していただくために、

鋭意改善してまいります。


引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

(2018/11/27 15:00 追記)


本件につきまして、リリース対応が完了いたしました。


今後も、より便利にご利用頂けますよう鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。


===


いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


2018年11月27日(火)に新ドメインメールアドレスの提供を開始いたします。


■対象となるお客様


・ニフクラ mobile backendを使用している全てのお客様
・会員管理機能を使用して、会員認証時の確認メールを送信しているお客様


■変更内容について


・新ドメインに対応したメールアドレスをリリースします。
- 今までニフクラ mobile backendを利用していたお客様に、エクスポート機能などでシステムから届くメールアドレスを以下のように、旧ドメインから新ドメインに変更いたします。

旧ドメインメールアドレスno-reply@mb.cloud.nifty.com
新ドメインメールアドレスno-reply@mbaas.nifcloud.com

- また、会員管理機能を使用して、会員認証時の確認メールを送信する際の送信元も上記のメールアドレスに変更いたします。
※確認メールに独自のメールアドレスを設定しているお客様のメールアドレスは変更されません。
- 旧ドメインメールアドレスから新ドメインメールアドレスへの切り替えにあたり、お客様がニフクラmobile backend上で作業していただく項目はないため、並行期間はございません。
- アプリ利用者などにno-reply@mb.cloud.nifty.comの受信を許可してもらうようにお願いしているお客様は、no-reply@mbaas.nifcloud.comの受信を許可してもううようお願いいたします。


ご利用中のお客様にはご迷惑をおかけすることになり誠に申し訳ございません。


今後も、より便利にご利用頂けますよう鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

ニフクラ mobile backend をご利用いただき、ありがとうございます。


11月15日に SDKをアップデートしました。

詳細については以下のページをご覧ください。

Android SDK
Monaca push plugin
(GitHub のリリースページに遷移します。)


今後も、より便利に mobile backend を利用していただくために、鋭意改善してまいります。


引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。


いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


2018年10月29日(月)より、Androidプッシュ通知の通知結果表示について改修を行いました。


■対象となるお客様


・Androidプッシュ通知機能を使用しているお客様


■変更内容について


・配信結果をFCM/GCM、それぞれ分けて表示するよう変更いたしました。
- 配信結果を分別して表示することで、エラーが発生した際、FCM/GCM、どちらの配信方法に問題があるのか特定出来るようになりました。


今後も、より便利に mobile backend を利用していただくために、
鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

■追記箇所


・GCM対応したプッシュ通知機能の廃止日と新ドメインメールアドレスの提供日を公開いたしました。(2018/11/12 10:00 追記)


・旧ドメインのカスタムページを2018年9月28日に廃止させていただきました。(2018/9/28 18:15 追記)


・新ドメイン&新ペイロード&FCM対応した各SDKの提供を2018年9月4日に開始させていただきました。(2018/9/4 14:00 追記)


・「新ドメイン&FCM対応した各SDK」を「新ドメイン&新ペイロード&FCM対応した各SDK」という文に修正しました。また、新ドメイン&新ペイロード&FCM対応した各SDKの提供日が2018年8月予定から2018年9月上旬予定に変更になりました。(2018/8/30 13:50 追記)


・新ペイロードのスケジュールも追記いたしました。(2018/8/27 16:20 追記)


・スクリプトのREST APIのスケジュールの記載が漏れていたため、追記いたしました。(2018/8/14 14:45 追記)


・FCM対応(ニフクラ mobile backend システム側)のFCM対応したプッシュ通知機能の提供日ですが、2018年7月提供予定となっておりましたが、こちら2018年8月提供予定に変更となりました。(2018/8/14 14:45 追記)


・管理画面の新ドメイン提供日を2018年7月24日に開始させていただきました。(2018/7/24 14:20 追記)


・カスタムページの旧ドメイン廃止日が誤った日程で記載されていたため、訂正いたしました。2019年9月予定→2018年9月(2018/7/23 18:00 追記)


・管理画面の新ドメイン提供日を2018年7月23日になっておりましたが、こちらの提供日を延期させていただきます。新ドメイン提供日が決まり次第、再度告知をさせていただきます。(2018/7/23 18:00 追記)


お客様にはご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ございません。


=====


いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


このたび、先の分社化に伴い、現在nifty.comドメインで提供しているサービスを、順次nifcloud.comドメインに変更いたします。


また、GoogleのGoogle Cloud Messaging 廃止告知に伴い、現在プッシュ通知でGoogle Cloud Messaging (以下GCM)を使用している部分をFirebase Cloud Messaging (以下FCM)を使用するように変更いたします。


重要な変更となりますため、何卒ご確認のほど宜しくお願いいたします。


対象となるお客様


ニフクラ mobile backendをご利用いただいている全てのお客様
(※FCMへの移行については、Androidへのプッシュ通知配信をご利用いただいているお客様のみ対象となります)


変更内容について


・nifty.comのドメインを廃止し、nifcloud.comドメインを提供
※旧ドメインとなるnifty.comドメインを廃止日までに、新ドメインへ変更いただくようお願いいたします。


・GCMに対応したプッシュ通知機能を廃止し、FCMへ変更
※GCM対応SDKやREST APIを廃止日までに、FCM対応したSDKやREST APIへ変更いただくようお願いいたします。


変更スケジュールについて


サイト・ドキュメント


新ドメイン提供日2018年7月2日
新ドメインmbaas.nifcloud.com
旧ドメイン廃止日2019年9月予定
旧ドメインmb.cloud.nifty.com


※新ドメインが提供された後、旧ドメインにアクセスすると新ドメインへ自動的にリダイレクトされます。ただし、ニュースページに関しては、現在旧ドメインのままになりますがこちらも今後新ドメインに変更される予定です。


サービスAPI


新ドメイン提供日2018年7月2日
新ドメインmbaas.api.nifcloud.com
旧ドメイン廃止日2019年9月予定
旧ドメインmb.api.cloud.nifty.com


スクリプトAPI


新ドメイン提供日2018年7月2日
新ドメインscript.mbaas.api.nifcloud.com
旧ドメイン廃止日2019年9月予定
旧ドメインscript.mb.api.cloud.nifty.com


管理画面


新ドメイン提供日2018年7月24日
新ドメインconsole.mbaas.nifcloud.com
旧ドメイン廃止日2019年9月予定
旧ドメインconsole.mb.cloud.nifty.com


※新ドメインが提供された後、旧ドメインにアクセスすると新ドメインへアクセスをお願いする専用のページが出ます。


カスタムページ


新ドメイン提供日2018年7月23日
新ドメインuser.mbaas.nifcloud.com
旧ドメイン廃止日2018年9月28日
旧ドメインuser.mb.cloud.nifty.com


※パスワード変更画面や、無効リンクページなど、アプリの会員がアクセスするWebページのリンク先のドメインが変更されます。(独自URLを設定している人は影響されません)


ペイロード


新ペイロード提供日2018年8月27日
新ペイロードcom.nifcloud.mbaas.*
旧ペイロード廃止日2019年9月予定
旧ペイロードcom.nifty.* (com.nifty.PushId 等)


FCM対応(ニフクラ mobile backend システム側)


GCM対応したプッシュ通知機能の廃止日2019年3月19日予定
FCM対応したプッシュ通知機能の提供日2018年8月27日


新ドメイン&新ペイロード&FCM対応した各SDK


提供日2018年9月4日


新ドメインメールアドレス


提供日2018年11月27日


移行手順について


移行手順につきましてはドキュメントの専用ページにて、順次掲載いたします。


移行に伴うサービス影響につきまして


廃止日までは、旧ドメイン / GCMのプッシュ通知機能は引き続き利用可能ですが、できるだけ速やかな移行をおすすめいたします。
また、管理画面・カスタムページ・メールアドレスについては、並行期間はございません。


ご利用中のお客様にはご迷惑をおかけすることになり誠に申し訳ございません。

今後も、より便利にご利用頂けますよう鋭意改善してまいります。


引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


2018年9月27日(木)より、スクリプト機能のファイルアップロード可能な上限サイズを変更いたします。また、スクリプト機能のアクセス元IPを固定にいたします。


■対象となるお客様


・スクリプト機能を使用しているお客様


■変更内容について


・スクリプト機能のファイルアップロード可能な上限サイズを変更いたします。
- 今までのファイルアップロード可能な上限サイズは8KBでしたが、こちらを32KBに変更いたします。


・スクリプト機能のアクセス元IPを固定にいたします。
- 詳細なアクセス元IPについてはスクリプト機能のドキュメントをご参考ください。


今後も、より便利に mobile backend を利用していただくために、
鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

平素よりニフクラ mobile backendをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ニフクラ mobile backendは2013年9月25日にリリースしてから、皆様のあたたかいご支援をいただきながらサービス拡大を図ってまいりました。2018年9月時点にて27,000 ID、55,000アプリを突破し、1,100社以上の企業様にご利用いただいております。

リリースから今日までの約5年間、サービス拡大や市場変化に伴い、バックエンドへの通信は増大・多様化し、リリース当初よりもより高く安定した品質がバックエンド側に求められていると感じております。また、アプリ仕様やクエリ実装によって発生するスロークエリ(*1)の件数も増加傾向にあり、ニフクラ mobile backendとしてアプリユーザーへより快適な体験を提供するためにも、スロークエリの発生を防げるようなサービスプランへの変化が求められていると感じております。

この度ニフクラ mobile backendは、よりお客様に快適にご利用いただけるサービスへ生まれ変わるため、2018年10月より、下記のプラン改定を行います。


(*1)スロークエリ:データの増大や検索条件の複雑化等によって、通常よりもレスポンスタイムが遅くなってしまっているクエリのこと。スロークエリの発生はアプリユーザーへストレスをあたえるほか、データベースにも負荷がかかる形となります。

------------------------------------------------------------

■改定内容

(1) Expertプランのスペック・料金改定
(2) Basicプランのスペック改定
(3) @nifty法人IDの利用プラン制限(Basicプラン利用不可)

2018年9月の現・料金プラン(※クリックで拡大します。)
20180921_before_plantable.png

2018年10月以降の新・料金プラン(※クリックで拡大します。)
20180921_after_plantable.png



(1) Expertプランのスペック・料金改定

・Expertプランのスペック(インデックス件数)を、0件→3件へ変更いたします。
・Expertプランの料金を、30,000円(税抜)→50,000円(税抜)へ変更いたします。


※2018年9月中までにExpertプランにアップグレードいただいた既存アカウントのプラン料金については、下部の「参考:既存Expert/カスタマイズプランアカウントの、料金/スペック値について」をご参照ください。

※上記に伴い、Expertプランの上位プランであるカスタマイズプランについても、最低50,000円(税抜)~でのご提供となります。

(2) Basicプランのスペック改定

・BasicプランのAPIリクエストを、200万回→100万回へ変更いたします。
・Basicプランのプッシュ通知配信数を、200万通→100万通へ変更いたします。

※Basicプランについては、アカウントの新規/既存を問わず、APIリクエスト数・プッシュ通知配信数などのスペック値は2018年10月以降変更となります。

(3) @nifty法人IDの 利用プラン制限(Basicプラン利用不可)

・今後、@nifty法人IDでのBasicプラン利用申し込みが行えない形となります。


※2018年9月中までにご登録いただいた既存の@nifty 法人ID(Basicプラン)については、引き続き継続してご利用いただけます。

------------------------------------------------------------


現状におけるスマートフォンアプリ開発市場の状況、および、お客様のニーズに適切にお応えし、またサービス全体としても負荷の標準化を実現するために、上記のようなサービスプランが最適であると判断いたしました。

2018年10月以降のExpertプランには従来カスタマイズプランにてご提供していた「インデックス」オプションが、あらかじめ3件付与されております。「インデックス」オプションをご活用いただくことで、データベースの処理が効率化され、スロークエリを防ぐことができるため、より快適に各種機能をご利用いただけます。

なお、インデックスをどのフィールドへ貼ればよいのか分からない場合、運用にお困りの場合には、Expertプラン以上にて提供の「テクニカルサポート」にてご相談を承ります。ぜひご活用いただけますと幸いです。

<インデックスオプションについて>
・ニフクラ mobile backend : インデックス
https://mbaas.nifcloud.com/doc/current/dashboard/addIndex.html
・料金:10,000円/件/月(フィールド単位にて付与)

ニフクラ mobile backendは今後もお客様の声に向き合いながら、スマートフォンアプリの開発から運用までを総合的に支援するプラットフォームとして、よりよいサービス改善のため鋭意改善してまいります。また、Basicプラン(無料プラン)についても引き続き提供を続けますので、今後とも皆さまのスマーフォンアプリ開発にぜひお役立てください。

<今後のサービス展開計画(仮)>
・開発者向けの支援活動としての不定期的なユーザーミートアップ実施
(※Basicプランについても、引き続き提供いたします)
・プログラミング教育必修化に向けた、教育向けメニューの拡充
・スクリプトのライブラリ拡充 など

ほか、ご要望がございましたらお気軽に「改善のご要望」フォーム等よりご連絡ください。
https://mbaas.nifcloud.com/support.htm

引き続き、ニフクラ mobile backendをどうぞ宜しくお願いいたします。

<参考:既存Expert/カスタマイズプランアカウントの、料金/スペック値について>
2018年9月中までにExpertプランにアップグレードいただいた既存アカウントのプラン料金については、2019年3月まで30,000円(税抜)のまま料金据え置きとなります。
(2019年4月以降、上記新プラン料金が適応されますのでご注意ください)。

なお、料金据え置きに伴い、インデックス件数についても従来通り0件のままとなります。
(2019年4月以降、上記新プランのインデックス3件が適応されますのでご活用ください。)

2018年10月以降から2019年3月までのプラン料金およびインデックス件数については、下記のように変更となります。
(2018/09/26 追記)なお、価格据え置き/値下げの都合上、管理画面および請求書面にて、2018年10月以降の料金分が「カスタマイズプラン」としての表記となります。こちらご了承ください。

ご自身のプラン内容や新プラン適応後の料金についてご不明な場合には、お手数ですがお問い合わせ窓口までご相談ください。

・Expertプランにてご利用の場合(30,000円/税抜)(*2)
 →料金は据え置きのまま、インデックス件数は0件となります(+0件)。
・カスタマイズプランにて1件インデックス追加の場合(40,000円/税抜)(*2)
 →料金は据え置きのまま、インデックス件数は1件となります(+0件)。
・カスタマイズプランにて2件インデックス追加の場合(50,000円/税抜)
 →料金は据え置きのまま、インデックス件数は3件となります(+1件)。
・カスタマイズプランにて3件インデックス追加の場合(60,000円/税抜)
 →プラン料金は50,000円、インデックス件数は3件のままとなります(+0件)。


(*2)2018年10月以降にてインデックスを1件以上追加いただく場合には、新・料金プランのExpertプランへ移行いただく形となります。(Expertプラン50,000円/税抜にて、インデックス件数が3件となります)


(2018/11/02 追記)請求書面上の明細等については下記となります。

■Expertプラン30,000円(税抜)にてご利用いただいていた場合

 【~9月ご利用料金】
 Expertプラン    30,000円(税抜)
   ↓
 【10月ご利用料金~】
 カスタマイズプラン 30,000円(税抜)

※2019年4月以降、50,000円(税抜)となります。

■カスタマイズプラン50,000円(税抜)にてご利用いただいていた場合
 (Expertプラン+2件のインデックス利用。)

【~9月ご利用料金】
 カスタマイズプラン 50,000円(税抜)
   ↓
【10月ご利用料金~】
 Expertプラン    50,000円(税抜)

※なお、すでに2件以上インデックスをご利用の場合に該当いたしますので、2018年10月時点にて新プランへ移行し、インデックスを追加で1件付与いたします。
※2019年4月以降も上記の料金でご利用いただけます。

■カスタマイズプラン50,000円(税抜)以上にてご利用いただいていた場合
 例)Expertプラン+30,000円(税抜)分の(インデックス以外の)スペック追加等。

【~9月ご利用料金】
 Expertプラン    30,000円(税抜)
 カスタマイズプラン 30,000円(税抜)
   ↓
【10月ご利用料金~】
 Expertプラン    50,000円(税抜)
 カスタマイズプラン 10,000円(税抜)

※2019年4月以降、Expertプラン50,000円(税抜)+30,000円(税抜)で80,000円(税抜)となります。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


スクリプト機能の利用可能バージョンポリシーに則り、スクリプト機能で利用可能なNode.jsのバージョンを変更いたします。


■対象となるお客様


・スクリプト機能を使用しているお客様


■変更内容について


・2018年9月27日、スクリプト機能で利用可能なNode.jsのバージョンに8.11.3が追加されます。
- 追加のタイミングでバージョンがlatestで登録されているスクリプトのバージョンは、6.11.1に自動的に修正されます。
- Node.js 8.11.3を利用したい場合は検証・動作確認の上、スクリプトのバージョンをlatestまたは8.11.3に設定してください。


・2019年3月13日、スクリプト機能で利用可能なNode.js 5.6.0, 5.7.0, 5.11.1, 6.3.0を廃止いたします。
- 廃止のタイミング以降は廃止対象バージョンで登録されているスクリプトは実行不可になります。
- 旧バージョンでスクリプトを登録しているお客様は、廃止日までにバージョンの変更をお願いいたします。


旧バージョンをご利用中のお客様にはご迷惑をおかけすることになり誠に申し訳ございません。


今後も、より便利にご利用頂けますよう鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


2018年8月27日(月)にお知らせしたFCM移行対応について、同様のお問い合わせを多くいただきましたので、移行ドキュメントを更新いたしました。


■対象となるお客様


・プッシュ通知機能を使用してAndroid端末にプッシュ通知を送信しているお客様
※AndroidSDK、UnitySDK、JavaScriptSDK(Monacaプラグインを使用している場合)をご利用のお客様も対象となります。


■変更内容について


・FCM移行対応を行う際、FirebaseプロジェクトのFCM APIを有効にする必要があります。
- 移行対応時、FCM APIが有効になっていない場合があります。(新規でFirebaseプロジェクトを作成すると自動でFCM APIは有効になります。)
- FCM APIの管理画面に入り、該当するFirebaseプロジェクトのFCM APIを有効にしてください。


FCM_API_console.PNG


移行対応中のお客様にはご迷惑をおかけすることになり誠に申し訳ございません。


今後も、より便利にご利用頂けますよう鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

いつもニフクラ mobile backendをご利用いただきありがとうございます。


今後の移行対応スケジュールにも記載した通り、2018年9月4日(火)に新ドメイン・新ペイロード・FCM対応のSDKの提供を開始いたしました。


■対象となるお客様


・ニフクラ mobile backend SDKを使用しているお客様
※Monaca push pluginを使用しているお客様も対象です。


■各SDKのリリースページ


Android SDK
iOS SDK
JavaScript SDK
Unity SDK
Monaca push plugin
(GitHub のリリースページに遷移します。)


■変更内容について


・新ドメイン・新ペイロード対応したSDKをリリースしました。
- 新ドメイン・新ペイロード対応のSDKバージョンについては、移行対応ドキュメントをご参照ください。
- Android SDK・Unity SDK・Monaca push pluginはFCM対応もされています。
- Monaca push pluginの新バージョンはMonaca側に反映されるまで、数日かかります。Monaca push pluginをご利用のお客様はMonaca側に反映されるまでお待ちください。
- mobile backendのサンプル・チュートリアルは以前までのSDKに対応したものになっています。これらも順次、今回リリースされたSDKに対応したサンプル・チュートリアルに修正していきます。
- mobile backend側の旧ドメイン / GCMのプッシュ通知機能廃止日までに、できるだけ速やかな移行をおすすめいたします。


ご利用中のお客様にはご迷惑をおかけすることになり誠に申し訳ございません。


今後も、より便利にご利用頂けますよう鋭意改善してまいります。
引き続き、ニフクラ mobile backend をよろしくお願いいたします。

より以前の記事一覧

推奨画面サイズ1024×768px以上

ページの先頭へ